タイムクリエイト メール - バックナンバー

誰にも相談できなかった孤独な育児

配信時刻:2020-04-27 21:00:00

◯◯◯さん、

こんばんは。

 

複雑な思考をシンプルにすることで
家庭内の90%の問題を解決する

Home comfortableナビゲーターの
加藤ようこです。

 

 

前回に続いて、

田舎に住む
平凡に働くママの私が
なぜ起業に至ったのか、

なぜ今もこうして
Home comfortable Style Labを
主宰し続けていられるのか、

 

起業でないにしろ

何かを始めようとしている
ママの参考になればと思い、

私のストーリーを
ご紹介します。

 


第1話はこちら▼

https://www.agentmail.jp/archive/mail/1825/6023/340645/

 

 

 

第1希望の会社に就職して
都会で華々しくOLをしている友人や、

 

自分でお金を貯めて
親の反対を押し切って
なりたかった職についた
友人の話を聞いて、

 

正直、自分の現状に
物足りなさを感じながらも

親の喜ぶ顔を見るたびに

『私はこれで良かったんだ。』

 

そう言い聞かせて、

今いる環境で出来る
楽しみを見つけ出す、


私は流されるように
公務員として
社会人生活をスタートさせました。

 

 

 

実のところ、

食の分野で働く思いが捨てきれず、

 

自分の持っている資格を活かした
働き口を探してみたり、

 

食に関することを学べる学校や
食に関する資格を取れる通信教育など

様々なところから
資料請求をしました。

 

 

が、

それ以上に行動に移すことは
ありませんでした。

 

 

『今の仕事を辞めるだなんて
話しても、

みんなに反対されるだけだろうし、

 

反対を押しきれるほどやりたいか?
といえば
そうでもない…』

 

悶々としながらも
今いる環境で出来る
楽しみを見つけ出す、

 

そんな毎日を送っている中で
自分好みの彼に出会い(←夫のことですw)

楽しい結婚生活を
スタートさせました。

 

 

 

片付けや裁縫は
本当に苦手でしたが、

食事づくりだけは別。

 

 

時間はあったので

暇さえあればレシピ検索をして
バリエーションに富んだ夕飯を

毎日2時間かけて
作っていました。

 

 

そして結婚当初から
夫の親戚から
ものすごく評価が高かった私。
(きっと夫がいい風に
話してくれてたんでしょうね。)

『まさに内助の功だ!』

と親戚の集まりがある度に
何度も言われました。

 

 

周りからそう言われたり、

家事をすればする分だけ
夫も喜んでくれるので、

『もっと家事を頑張ろう!』

と、休日も
夫が寝ているのを横目に
朝から晩まで家事をしていました。

 

 

結婚して数ヶ月後、

疲れが原因で
帯状疱疹(たいじょうほうしん)
身体に出てしまい

数日寝込んだこともあったけれど、

 

母親に話を聞いてもらうと

『それはあんたの
怠け心からくるもんだ。

家事は男性にさせるもんじゃない。

と言われる始末。

 


そんな新婚生活を経て、

第一子を妊娠、出産。

 

 

当時は
母親もフルタイムで働いていて

実家に帰っても
母親が大変になるだけだと思い、
里帰りはせず、

夫も相変わらず
仕事で帰宅は遅い日々。

 

 

『今日、大人と喋ったっけ?』

と、孤独を感じる日々も多く、

 

思い切って児童館に行っても
引っ込み思案の私は

なかなかママ友を作ることが出来ず、

家事と育児を
1人で淡々とこなす毎日でした。

 

 

分からないことだらけの
初めての育児は

電話越しに母から
アドバイスをもらうことも多く、

 

子供にとって
一番いいからと

面倒だと思いながらも
紙ではなく布オムツをしていたし、

 

離乳食も市販のものなんて
とんでもない!

果物をガーゼで裏ごしして
果汁を絞って…

などと

母親から聞いたまま
昭和の子育てをしていました。


(当時のことを友人に話すと
『それ、頑張りすぎじゃない??』
と笑われながらも
驚かれることが多いです。。。)

 

 

子供が昼寝をしている間は
家事で時間が潰れるし、

夫が帰宅するまでには
家中を綺麗に整えとかなきゃいけない、

 

バタバタと日中を過ごし
毎晩倒れこむようにして
寝ていた私ですが、

夜中の授乳で変に目が覚めて
ネットサーフィンでお買い物。

 

 

有名なブロガーさんがオススメしている
食器を買ったり、

子供のためにとちょっといい食材を
買うついでに
自分にも高級なお菓子を買っていました。

 

 

お母さんは
自分にお金を使ってはいけない、

と、思いながらも

『生活必需品だから必要なもの!』

必要以上に買っていたり、

 

一生モノだから…』

と高級なものを買ったことで
気分が高揚したり、

 

今振り返れば

お金を使うことで
ストレスを発散していただけ

ように思います。

 

 

モノは増えるし、

苦手な片付けにも
さらに時間がかかり…

 

時間にゆとりはあったはずなのに

家事と育児だけで
自分時間なんて全然取れない

時間にも心にもゆとりのない
育休期間でした。

 

 

 

そんな私が
育休から復帰すると…

何もかもが
思うようにいかない日々。

 

 

久々に戻った職場では

『あんたここの部署何年目?』

窓口に来たお客さんに
罵られたり、

 

子供の体調不良で
小児科通いの続く日々。

 

 

家に帰れば
子供を早く寝させなきゃ!と
時間に追われ、

 

のんびりと動く子供に
『早くしなさい!』と
怒鳴り散らし、

 

急いでご飯を作って
急いでお風呂も入れて
急いで洗濯もして
急いで寝かしつけをして、
一緒に寝落ち。

 

夜中に夫の帰宅した音で
ハッと目が覚めて、

『ヤバイ!洗濯干してない!』

とそこから
また家事をスタートさせる。

 

 

私がイライラしすぎて
子供も私の顔色を伺うようになり、

でも、こんなこと誰にも言えなくて
ネット調べたり
育児書を読むけれども、

やっぱり余裕がなければ
怒鳴り散らす日々。

 

 

 

眠くて、
辛くて、

こんな生活
もうやめたいけど、

 

でも私には
仕事を辞めるという選択肢なんてないし、

 

私よりも勤務時間の長い夫に
家事や育児をお願いするだなんて
夫も嫌がるだろうし、

自分の親にも
夫の両親にもなんて言われるか…

 

 

いつかこれが当たり前になって
仕事も家事も
ラクに両立して行ける時が

やってくるのかな。。。

 

 

そんな淡い期待を持ちながら、

でも
半分以上は諦めながら

試行錯誤する日々が
続きました。

 


続きはまた次回!

 

 
 

Home comfortable Style Lab

とは?

 

 

他の料理教室にはない
ムダな思考や行動をなくす
毎日の「20分ごはん」を活用して

家族の自立を促しながら
本当にやりたいことに
時間を使えるようになる方法を
お伝えしています。

 

 

仕事と家庭の両立に
疲弊していた私ですが

20分ごはんに出会ったことで
1日3時間の自分時間を手に入れて
理想の働き方を叶えた実績を元に

 

ママがたった一人の女性として
輝く人生を送るサポートをし、

その子ども達がママの背中を魅て
明るい未来を
夢を見られるようになることを

使命としています^^

 

***************************

今日のメルマガはいかがでしたか?
ほんの一言ご感想をこのメールに
返信いただけましたら嬉しいです!

***************************

 

メルマガのバックナンバーはこちらから
ご覧いただけます。

https://www.agentmail.jp/archive/mail/1825/6023/

 

 

Home comfortable Style Lab

主宰 加藤ようこ

IMG_9144.jpg

 

 

Home comfortable Style Labの
「comfortable」は、

ママがたった1人の女性として
生きるために
家族が心から応援してくれる、

そのような環境のことを
定義づけています。

 

 

その環境を作るための方法を
コンフォータブルメソッドといいます。

 

 

その環境を作るためにも
まずはママが変わること。

 

その環境を作るのに
一番ネックになっている

食事作りを変えることから
始めていきます。

 

 

 

コンフォータブルメソッドとは?

ムダな思考や行動をなくす習慣が
身につく
「20分ごはん」を
毎日作ります。

 

 

20分ごはんとは?

食べる側にも作る側にも無理のない、
日本人の体に合った食事のことです。

 

20分ごはんが習慣づくことで
ムダな思考や行動をなくす習慣が
暮らし全般まで広がり

ものの持ち方や
時間の使い方など

暮らしの様々な場面を身軽にし
シンプルで豊かな人生を作っていきます。

 

 

毎日の食事作りを変えるだけで

家族に応援してもらいながら
本当にやりたいことに
時間を使えるようになる

唯一のオンライン講座、

Home comfortable Style Lab。

 

 

 

私は

世の中のママが
誰に遠慮することもなく

自分のやりたいことに
チャレンジしていけることで、

 

『ワクワクの毎日は
自ら作り出していけるもの』

 

ということを
子供達に体現していくことのできる
世界を作ります!

 

 

 

〜プライベートプロフィール〜

 

鳥取県在住

11歳の娘と7歳の息子、
夫との4人暮らし。

 

 

好きな食べ物は
母特製の佃煮と大学芋。

 

 

好きなおやつは
しるこサンド。

 

 

 

*詳しい自己紹介はこちらから
https://migaruni.net/profile/

 


*ブログ「身軽に生きる」でも発信中!
https://migaruni.net/

 

 

*加藤ようこのInstagram
https://www.instagram.com/totonoe.yoko/?hl=ja

 

 

*加藤ようこのFacebook
https://www.facebook.com/profile.php?id=100022681067734

お友達申請 大歓迎です♪
メルマガから来ましたと
一言メッセージ下さいね!


 

◆発行責任者

Home comfortable Style Lab主宰
加藤ようこ

 

 

◆メルマガ登録解除はこちらからどうぞ。

バックナンバー一覧

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  Next >> {79}