実家の売却に困ったら - バックナンバー

昭和57年以降に建った、空き家の実家の選択肢

配信時刻:2020-12-01 20:50:00

◯◯◯さん

こんばんは。


ふるさとの実家を宝に変えよう!


実家の空き家対策プロデューサー
細井久男(ほそいひさお)です。


私は先月、
無事に51歳の誕生日を迎えました。
 
 
 
私たちは、
団塊ジュニア(1971年〜1974年生)
の直前の世代で、人口も多い世代です。
 
 
 
子供が多い時代だったので、
子供の将来のために、
 
家を買おう、建てようとする親も
当然多かったことと思います。
 
 
 
したがって、
団塊ジュニア世代を挟んだ前後、
 
つまり、
私たちが子供の頃に建った家は多く、
 
今、空き家になっている家も
この時期に建てられたものは
多く見受けられます。
 
 
 
空き家の活用を考えるに当たって、
家が建った時期は重要なチェックポイントです。
 
 
 
昭和56年6月1日以降に
建築確認を取得して建てた家は、
新耐震基準で設計されて建っているので、
地震への安心基準の一つになっています。
 
 
※建築確認とは、簡単に言うと、
 建てようとする家が、
 法律や基準に合ってるかチェックする
 行政の審査のことです。
 
 
 
昭和56年6月1日以降に
建築確認を取得すると、
 
実際に家が完成するのは、
概ね昭和57年以降になります。
 
 
 
逆に言うと、
 
昭和57年以降に建った家は、
新耐震基準を満たしているので、
一定の安心感がある、とも捉えられ、
 
一戸建て住宅、ビルやマンションなど、
建物が関わる不動産取引では、
重要なチェック項目になっています。
 
 
 
この新耐震基準を満たした家は、
空き家の活用においても有利になります。
 
 
 
このメルマガの最後に、
新耐震基準の実家を売る場合と貸す場合の
選択肢を挙げてみました。
 
 
 
地震が多い国だからこそ、
行政も耐震基準は重要視しています。
 
 
 
建築確認取得の日付が、
昭和56年6月1日以降であるかどうかが、
新耐震基準を満たしているかどうかの
判断基準になります。
 
 
 
それに該当するかは、調査が必要ですが、
概ね昭和57年以降に建っている家なら、
 
新耐震基準を満たしている前提で、
以下の活用を考えてみてください。
 
 
 
◉昭和56年6月1日以降に
 建築確認を取得した実家の活用の選択肢
 
 
【売る場合】
 
・既存住宅かし保険を利用して、
 保険をつけて売却できる。
 
・まだ長く安心して住める家として、
 リフォーム、リノベーションの提案
 とともに売却がしやすい。
 
 
【貸す場合】
 
・住宅セーフティネットやグループホームなど、
 公的な審査が必要な賃貸住宅として利用できる。
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

本日のメール講座はいかがでしたか?
 
◯◯◯さんからの
率直な感想をいただけたら何よりです。
 
◯ご感想はこちらからどうぞ
 
 
いただいたご感想により、
実家のお悩み解決に役立つ
講座の配信内容やセミナー・個別相談を
企画してまいります。
 
◯◯◯さんからの
ご感想をお待ちしていますね b(^_^o)
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
 実家の空き家対策 個別相談
 
◯◯◯さんの
ご実家の将来は大丈夫ですか?
 
実家をこれからどうするか?
 
考えてはいるけど、
何もしないまま時間が経っていませんか?
 
どうにかしたいけど、
何から始めたらいいのか、
どうしたらいいのかわからない、
まずは一歩踏み出したい!
 
そんな方にオススメの個別相談です。
 
◯個別相談のお申し込みはこちら
※個別相談は無料です。
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
 実家の売却に困っている方に
 ご紹介してください。

◯実家の空き家対策 .com メール講座
 
 
◯バックナンバーはこちら
 
 
◯お悩み解決!大辞典型ブログはこちら
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
★ プライベートプロフィール★
 
1969年11月27日生まれ。
埼玉県新座市出身。
東京都東村山市在住。
 
 
血液型:O型
動物占い:
「穏やかなシッカリもの」である
「動き回るトラ」タイプ。
 
 
身内の実家相続で関った
一戸建ての売却相談から、
 
相続した実家を売却しても
十分な将来設計が見込めない事に気付き、
実家の賃貸活用に注目。
 
 
四半世紀に渡る不動産業での
売買・賃貸経験を活かし、
 
実家の将来に悩む
「2代目」世代のために、
実家の活用方法をご提案しています。
 
◯個人住宅の賃貸活用ガイドブック
 
◯DIY型賃貸借のすすめ
 
 
メルマガ読者の方であれば、
友達申請もお待ちしています!
 
◯facebookはこちら
https://www.facebook.com/hisao.hosoi
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
◯配信先のメールアドレスの
変更はこちらから
 
◯配信中止(解除)ご希望のときは、
下記URLをクリックして下さい。
 
間違ってクリックすると
メールが届かなくなりますので
ご注意下さい。
 
 
【発行所・発行責任者】
東京都武蔵野市吉祥寺東町3-25-17
 
 
このメール講座は、 
全文が著作権法によって保護されていますが、
 
ご家族やご友人に限り
お役に立てるようでしたら
全文の転送を前提として
共有していただいて構いません。
 
但し、メディアなどの公に公開することは
禁止させていただいております。
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

バックナンバー一覧

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  Next >> {86}