実家の売却に困ったら - バックナンバー

【実家の賃貸】コロナ禍で借りる人はどんな人?

配信時刻:2020-07-21 20:50:00

新型コロナウイルスの感染が、
全国で相次いで報道され、
感染拡大を日に日に感じいています。
 
 
 
緊急事態宣言時よりも
事態は大きくなっているように感じますが、
 
緊急事態宣言時と違うのは、
感染拡大防止だけでなく、
 
経済の立て直しにも、
重きを置いているところですね。
 
 
 
これだけ広げれば、
緊急事態宣言時のように、
休業要請も全国的にすべきでしょうが、
 
夏の旅行シーズンを目の前に、
経済復活もしなければならない、
 
そんなジレンマが漂ってくるのを
ひしひしと感じます。
 
 
 
そんな状況下で、事業者には
家賃の負担が重くかかっています。
 
 
 
売上の目処が立たず、
家賃などの固定費が負担で、
事業継続を断念する事業者も耳にします。
 
 
また、テレワークによって、
都市部のオフィスの賃貸を解約したり、
狭い面積のオフィスに変えたり、
 
このコロナ禍で、事業者の賃貸の動きは、
注目するところです。
 
 
 
対して、個人の賃貸の動きも
同じような状況が言えます。
 
 
 
テレワークの普及や
家賃の負担を抑えるために、
 
今より家賃が安いところに引っ越す人も
耳にします。
 
 
 
 
コロナ禍での動きとして、
 
家を買う人は、
条件が良くなって動くのに対し、
 
家を借りる人は、
現状から脱却するために動く
 
そんな特徴が感じられます。
 
 
 
地方や郊外にある実家は、
都市部よりも割安で貸せるでしょうし、
 
家賃負担を減らすために、
早く動かなければならない緊急性もあるので、
 
今実家を貸すには、
決して悪い時ではないでしょう。
 
 
 
実家は売りたくないけど、どうにかしたい、
と思っているようだったら、
 
検討してみてもいいですね。
 

バックナンバー一覧

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  Next >> {78}