鴨め~る《 炎の講演家!鴨頭嘉人公式メルマガ 》 - バックナンバー

【鴨め〜る号外】サラリーマンだった僕がどうやって日本一の講演家になったのか?

配信時刻:2014-02-14 18:40:00

僕は今、
『話し方の学校』
の学長を
やっています。


 
手前味噌になりますが・・・
 
僕は
『話し方の天才』
です。

 
 
本人が言うのだから
間違いないでしょう(笑)
 



 
そして、
多くの方も僕の事を
『話し方の天才』
だと思ってくれている
ようです。
 
・・・たぶん(笑)


 
 
では僕は
生まれながらの
天才なのでしょうか?


 
 答えは・・・
『そうである』
と同時に
『そうではない』
という事になります。



 
もっと
突き詰めていくと
 
天才とは・・・

 
『 思い込み 』
 
 
意外の
何でもないと
思うんです!!


 
と、
いう事は・・・
 
『 思い込み 』
 
さえ自由に
コントロールできれば
 
誰でも
『天才』
になれる!!

 
今日は
そんなお話です!



 
 
あなたがもし、
社内プレゼンや
結婚式のスピーチ
もしくは、
セミナー講師など
 
人前で
話したことがある方なら
 
初めて
プレゼンテーションを
した時・・・
 
『緊張』
 
した経験が
あるかもしれません。


 
 
僕の講演デビューは
2010年11月
でした。
 
55名の様々な会社の
中間管理職の方が
会社のお金で
研修を受けられる
セミナーで
デビュー戦を迎えました。
 
 
この
シチュエーション・・・
 
普通に考えると
ハードで緊張しちゃう
シチュエーションです。
 
僕の事を
知っている訳でもなく
自らお金を払って
「学びたい!」と
決意している訳でもない。
 
もちろん
 
僕より年上の方も
たくさんいらっしゃいます。


 
腕組みをして
 
「今日の講師は
 どんなヤツなんだ?」
 
っていう態度を
全開に出していただいている
大先輩も
いらっしゃいました(笑)
 
 
そんなデビュー講演、
僕はオープニングで
こんなトークを
していました・・・。
 
 
「みなさん!
 今日は本当に
 ラッキーですね!!
 
 なぜなら
 今日の僕は
 最高の状態
 だからです!
 
 今、この会場で・・・
 マクドナルドで一緒に
 アルバイトしていた仲間と
 偶然出会ったんです!!
 
 (これは事実です)
 
 この奇跡の出来事で
 僕は最高~に
 エネルギーが
 高まってしまっています!
 
 だから!
 宣言します!!
 
 今日は僕の講演人生で
 最高~な講演になる事
 間違いないです!!
 
 本当にラッキーな
 みなさんと
 最高~な時間を
 過ごせる事が
 嬉しくてたまりません!
 
 どうぞよろしく
 お願い致します!!」
 


 
そう言ってから・・・
 
人生で初めての
講演会を
スタートしました!!
 



 
はい!

 
 
人生で初めての講演が
講演人生で
最高の講演です!!
 
真実ですよね~(笑)
 
 
さて、
 
僕がなぜ?
こんな事を言ってから
話をするのか
わかりますか?



 
ある話し方の本の中には
 
「これから
 良い話をします」
 
とスピーチ前に
言ってしまうのは・・・
お笑い芸人が
 
「今から
 面白い話を
 しますよ~」
 
と言ってから
ギャグをやって
笑ってもらえなく
するぐらい
 
愚かな行為だ・・・。
 
そんな風に
書いてありました。

 
でも、
 
僕は毎回のように
講演前に言います。
 
 
「今日は人生最高の
 講演になります!」
 
 
 
はい!
結論を言います。




 
僕は・・・
 
聴いてくださる方の事
 
『しか』
 
考えていないのです。

 
 
「自らハードルを
 上げるのは
 愚かな行為だ・・・」

 
 
この理論には
『自分向き』
な考えしかありません。
 
わざわざ
大切な命の時間をけずって
僕の話を
聴いてくださる方に・・・


 
「今日は人生で
 最高の講演に
 なります!」


 
そうプレゼントする事が
 
愚かな行為の
訳がない!!
 
僕はそう思います。


 
マスプレゼンと呼ばれる
多くの人の前で話す事は
 
『多くの人の
 命の時間を
 いただいている
 責任ある行為』
 
 
ならば・・・
 
 
「自分が
 どう思われるか」
 
 
ではなく・・・

 
「聴いてくださる
 みなさんの
 今後の人生が
 少しでも好転する
 メッセージを
 プレゼントする」
 
 
その事
『しか』
考えないのが
ベースだと思うのです。
 
 
人前で話をする時に
 
「ごめんなさい。
 準備不足で
 たいした話は
 できませんが・・・」
 
と言われると・・・
 
 
「じゃあ話すなよ~」
 
 
と突っ込み
たくなるんです。


 
 
人前で話す時の
『心の矢印』
 
 
「自分向き」

 
ではなく
 
「聴いてくださる方」



 
実は
僕はこの考え方を
 『日常』
で意識しています。
 
仲間と仕事中にも
初対面の方との
ランチ中にも
会議中にも
 
『心の矢印』
 
「自分向き」
 
ではなく
 
「聴いてくださる方」
 
僕はだから
天才なのだ
と思ってます(笑)


 
だって
1日24時間は
誰でも同じ
24時間しかない
 
その中で
話をしている時間も
そんなに変わりません。
 
でも
何の意識もしないで
 
『自分向き』
 
で日常会話している人と
常に
 
「目の前の方の
 人生が好転する
 メッセージを
 プレゼントする!」
 
そう決めて
チャレンジする
 
『日常』
 
の人とでは
世界が違う。
 


 
つまり、
 
『日常で意識する』
 
その事こそが
 
~ 話し方の    
 天才のつくり方 ~
 

 
「え~そんなの
 私には無理!!」
 
 
そう感じる方も
いるかもしれませんが、
あるトレーニングを積めば
 
『誰にでも出来ます』
 
あるトレーニングとは・・・
 
 

 
【鴨め〜る号外】
サラリーマンだった僕が
どうやって日本一の
講演家になったのか?
 
▼後編につづく
 
 
 

バックナンバー一覧

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  Next >> {33}