犬の腎臓病は『高たんぱく食』でよくなる小冊子ダウンロード

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
メールアドレスの確認をお願いします。 ※必須

@icloudのメールは、こちらからのメールが届きません。
登録後、すぐに返信メールが送信されますので、確認してください。

届いていない場合は、迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。
それでも届いていない場合は、Gメールかヤフーメールでの再登録を
お願いします。


小冊子はメールで届きます。
届かない場合は、迷惑メールフォルダか
プロモーションフォルダをご確認ください。

 

 

 

腎臓病の食事管理に困っている
飼い主さんは多いと思います。

動物病院ですすめられた
腎臓病用の療法食を、
食べてくれないこともあります。


また、手作り食を食べさせていた子が、
腎臓病になってしまうこともあります。

手作り食で腎臓病の食事が
作れたら、これらのお悩みが
解決するのに・・・

と思いませんか?

実は、腎臓病には、
手作り食こそ、必要なんです。

ドライフードの栄養バランスや、
加工食品としてのデメリットが、
腎臓を傷つけ、腎臓病の
原因になっていると考えられます。

そのため、腎臓病になった時に
腎臓病の療法食にしても、
本当の意味で腎臓によい食事とは
言えません。

リアルドッグ栄養セラピーでは、
腎臓がよろこぶ、新鮮な
栄養バランスの取れた
手作り栄養ごはんで、

腎臓を回復させ、
何年にも渡って元気に過ごせる
食事管理を行っています。


 

 

腎臓病には、
『高たんぱく食』こそ
必要だった!

 

 

sasshi0211_1_shadow.png

<第一章>
腎臓病の食事療法

常識と非常識

<第二章>
ドッグフードの常識は
手作り食には
当てはまらない

<第三章>
腎臓を守る、
腎臓にやさしい
食事とは・・・

 

 

 

犬の腎臓病は『高たんぱく食』でよくなる小冊子ダウンロード

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
メールアドレスの確認をお願いします。 ※必須

@icloudのメールは、こちらからのメールが届きません。
登録後、すぐに返信メールが送信されますので、確認してください。

届いていない場合は、迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。
それでも届いていない場合は、Gメールかヤフーメールでの再登録を
お願いします。

 

 

 

 

 

ここからは、
犬の体のしくみに本当に合った栄養で
ハタチを目指す!レシピが
自分で作れるようになる
「リアルドッグ栄養セラピー」の
ご案内です。
 

 

 

もう後悔しないでください。
愛犬の心と体を守る
最も効果的な方法は、
ご家庭での毎日の食事です。

体を作っている
「食事」の大切さを
多くの人に知ってほしい。

cute-homemade-corgi-puppy-lies-in-a-white-fluffy-blanket-funny-sticking-out-his-face-and-paws-1067074306_2125x1417.jpeg

「手作り食は
栄養バランスがよくないよ」

「手作り食を食べている子は
5歳くらいで病気になるよ」

そんなふうに言われて、
くやしかったから、
手作り食の栄養を
しっかり学びたいんです。

と、おっしゃって、
受講された飼い主さんが
いらっしゃいました。

「手作り食なら5歳くらいで
病気になるから、
5歳になったらまた来て」

と病院で言われたというのです。

大丈夫。
そんなことはありません。
5歳くらいから病気に
なりやすいのは、
確かにあるかもしれません。

ですが、手作り食を
食べている子が特に
なりやすいという印象は
ありません。

むしろ、若いうちから
どうしても不調がよくならない、
病気が治らないと、
ご相談に来られた
わんちゃんたちの病気を、
リアルな手作り栄養ごはんで、
次々と治してきました。

「手作り食だから病気になった」
そんなことは、絶対に
言わせません。

 
愛情いっぱいの飼い主さんの
手作り食をそんな風に
言わせません。

新鮮でおいしい手作り食
作ってあげたい。
自信を持って栄養バランスの
整った栄養食
作ってあげたい。

そんな飼い主さんを、
全力で応援します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康を守る食事は、
楽しい食事です!

名称未設定のデザイン (88).png

愛犬の幸せのために、
ご自身ができる限りの
ことをしてあげたい。


家族として
わんちゃんを愛情もって

育てている飼い主さんなら、
誰もがそう思います。

ただ、
飼い主さんにできることには

限りがある。
「病気になったら動物病院に
連れて行こう。」

そう思うのは、間違いでは
ありません。

動物病院に連れて行かなければ
ならない状況になる前に、
飼い主さんにできる最大限のこと、

そして、それは、
愛犬の病気を予防するために
一番効果的なこと、

それが、毎日の「食事」です。

突然入院しなければならない、
突然手術を受けなければならない、
そうなる前に、体を作る食事
見直してみませんか?

愛情いっぱいの飼い主さんの
「うちのわんちゃん自慢」を
お聞きするのを、
楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

腎臓病の栄養管理の
具体策を受け取る

 

 

 

 

リアルドッグ栄養セラピー主宰
木原ペットクリニック院長・獣医師
木原とも子

お問い合わせ:gohan@kihara-pet.com

 

 

  

Copyright 2022. All rights reserved. リアルドッグ栄養セラピー