婚活応援メルマガを申し込む(無料)

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

ご購読特典 その1

campaindownload.png

PDFテキストダウンロードプレゼント

♦️主な内容♦️

♢ご挨拶

♢受講生さん成婚ストーリー

♢自分発見ミニワーク

 

 

 

 

 

 

 

 

ご購読特典 その2

名称未設定のデザイン-20.png

5日間の婚活基礎講座メールのプレゼント

★18:30配信★

♦️講座内容♦️

1日目:婚活って何?

2日目:婚活パーティってどうなの?

3日目:友人の紹介大事です!

4日目:やはり気になるマッチングアプリ

5日目:結婚相談所は敷居が高い?

ご質問・ご相談、歓迎です!

 

 

 

 

こんなお悩みありませんか?

名称未設定のデザイン-3.jpg 
  • 婚活しなきゃ、と思うけど何から始めてよいかわからない
  • いずれは結婚したいけど、自分じゃ無理な気がする
  • 結婚ラッシュも終わったし、もうこのままひとりでもいいかなって気がする

 

 

安心してください。

あなただけではありません。

 

なぜなら

結婚するのが当然という時代から、

結婚しない自由も選べる時代

になっているからです。

自由であるからこそ、

結婚することが難しくなっています。

♦️婚活中の人ってどんな人?

♦️結婚ってどうなの?

♦️どうやって知り合ったの?

♦️男性がよくわかりません

特典1のPDFテキストや日々のメルマガが、

こんな疑問への少しのヒントと、

結婚というステージへ向けて一歩踏み出すきっかけになってもらえたら嬉しいです。

 

 

婚活応援メルマガを申し込む(無料)

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 推薦者の声

463A9CD6-4988-49BE-878F-347DB52BA86D.jpeg

スウェディッシュマッサージサロン Liberty オーナー 林夕姫さん(32歳)

自分のサロンをオープンしてちょうど1年が過ぎました。

仕事が好き、仕事が一番で過ごしてきたけれど、

このテキストを読んで、私みたいな人にお勧めしたいと思いました。

なぜなら、

私は現状にとても満足しているけど、3年後をイメージできていませんでした

親の年齢や、こどもがいくつになるかなんて考えていなかったです。

考えると、、、ドキドキしちゃいます(笑)。

 

いままで子育て、というと

自分が犠牲になるもの、しんどそうと思っていました。

自分の時間がなくなる、とも思っていました。

もっと楽しいことがあるのなら、私もライフプランニングしてみようと思えました。

 

いままで考えるきっかけがなかった人におすすめしたいです!

 

 

 

私自身が幸せな結婚のカタチを探していました

57_large.jpg

はじめまして。

結婚したいけど、

「出逢いがない」

「出逢いがあっても決められない」

とお悩みの方をサポートする

マリッジキャリアカウンセラーの 泉 秀蘭(いずみ しゅうらん)です。

私の夢は

『仕事のやりがいも家族のいる幸せも 両方手に入れる女性を増やすこと』

私自身は結婚も出産も全く興味がありませんでした。

学生時代から、趣味やバイトに明け暮れ、

就職してからは仕事+趣味の楽器と書。

大学時代から夫と交際していましたが、

かなり放置しました。

「結婚したらいろいろ失うのではないか」

そんな不安をずっと持っていました。

仕事、友人との時間、旅行、趣味、改姓。。。

34歳で病気になったことをきっかけに、

こどもを持つことにトライしてみようと考えました。

結婚へのハードルの一つが改姓の問題。

私が姓を変えたくないと思っていたのには2つの理由があります。

1つ目は、幼少時からフルネームを褒められて、気に入っていたから。

2つ目は、夫とはとてもフラットな関係できているのに、私が変えると、なんだか併合されるように感じるから。

夫も自分が変えるのは嫌、というので事実婚を選び、周囲への公表のため母校で結婚式を挙げました。

ひとり旅から三人旅へ

個人_エジプト.jpg

 

AC613543-8CCF-453B-8886-16A193C31AB0.jpeg
 

結婚式翌日に入院して手術。

無事に回復し、一度の流産を経て

38歳目前で息子を出産しました。

こどもを持つことで、新しい世界が広がりました。

こ連れ旅行、男の子の興味、不妊治療、保活、ワーママ。

子育と仕事の両立はいまでもラクではないでけど、

仕事があることが私にとっての当たり前。

オンがあるからオフが楽しい。 

我慢するのでなく、

新しい楽しみがたくさんある!

そう気づけました。

外資系会社員から結婚相談所起業へ

F9BD4588-210C-4950-A3BE-1F8659CFCDE2.png

 

3.png
 

外資系メーカーでの日々は

毎日スピード感があり、自分の成長を感じられました。

私の役割は、商品を適切に調達し、販売納期へ間に合わせること。

直接、お客様の役に立つ仕事がしてみたい、という想いが膨らんでいました。

やりたいように過ごしてきた人生ですが、

唯一の心残りは

息子をお兄ちゃんにしてあげられなかったこと。

妊娠出産を甘くみていました。

妊娠しても、出産につながるとは限らない。

お金をかけて不妊治療に取り組んでも、

年齢の壁は越えられない。

結婚も出産も女性にとって最強のキャリア

先送りにせずに向き合ってみない?

と昔の自分に伝えたい。

人生は思い通りにはならないけど、

自分で描かなければ始まらない!

私と一緒に、あなたの未来を考えることから始めませんか?

メルマガでお会いできるのを楽しみにしています。

婚活応援メルマガを申し込む(無料)

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須