愛犬を守る、長生き栄養ごはんがわかる本ダウンロード

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

電子書籍ダウンロードリンクがメールに届きます。しばらくたっても届かない場合は、プロモーションフォルダをご確認ください。
お問い合わせ:gohan@kihara-pet.com

 

 

 

 

★ 10歳になっていないのに、病気がある。

★ いつまでお薬を飲めばいいのだろう?と思っている。

★ 季節の変わり目や、少しストレスがかかると体調を崩す。

そんなわんちゃんはいませんか?健康に長生きハタチを目指すには、体を作っている「食事」がとても大切です。にも関わらず、毎日毎日、加工食品であるドッグフードばかりを与えていては、健康な体は作れません。「どんなドッグフードがいいのか?」ではなく、「どんな食事がいいのか?」と考えてみませんか?

 

 

  

「ドッグフード」と「長生き栄養ごはん」では、長年かけて犬と猫の体と心に与える影響が、違ってきます。

スクリーンショット (176)ab.jpg

フレンチブルドッグ飼い主のIさん

手作り食に加えて東洋医学や薬膳にも興味があって門を叩きました。愛犬には皮膚の症状がありましたが、アレルギー検査をしても原因がわからず、皮膚の痒みから手足を舐めるのがひどく、肉球の裏が赤く炎症を起こして、薬を飲んだり付けたりしても改善されない状態でした。クッキングレッスンの動画を見て、「これならできるかも」とモチベーションが上がりました。いつもなら、梅雨時期から皮膚症状が出てきていましたが、セラピーを受講してからは、いつもほどひどくならず、治りも早くなりました。不安や悩みは一人で抱え込まないで、まずは木原先生に相談する!ということができるようになりました。また、薬膳や食材の特徴を生かして、食材を組み合わせることができるようになりました。

子犬・子猫のうちから始めよう!

 

 

iStock-1210331698.jpg

今現在、症状がないとしても、体の中では合わない食事によって、徐々に細胞が弱っています。まして症状がある場合は、今すぐ対処しないと手遅れになるかもしれません。食事は、今日変えたら明日効果が出るというものではなく、毎日毎日の積み重ねです。「まだ治療するほどではない」状態、あるいは「まだ全然症状がない」うちが、栄養ごはんの一番の始め時です。

 

  

 

DSCF0662.JPG

私のクリニックには、胃腸の病気、皮膚病、肝臓病、心臓病、気管虚脱、てんかん、腫瘍など、さまざまな病気のわんちゃんが相談に来られます。「対症療法ではなく、根本的な治療はないでしょうか。」「副作用の少ない、体にやさしい治療はないでしょうか。」みなさんがそんなふうにおっしゃいます。そういう治療法、ありますよ~^^★「リアルドッグ栄養セラピー」の長生き栄養ごはんで、症状を改善させ、強い体を作ることができるんです。

 

 

 

この電子書籍で、ドッグフードと長生き栄養ごはんの違いがわかります。

0929sassi_hyo shadow.png

第一章 わんちゃんの体の消化のしくみ

第二章 ドッグフードの栄養バランス

第三章 ドッグフードの加工食品としての危険性

第四章 リアルドッグ栄養セラピーの食事

飼い主さんの声①~④

木原とも子はこんな人①~④

 

 

愛犬を守る、長生き栄養ごはんがわかる本ダウンロード

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

リアルドッグ栄養セラピー主宰
木原ペットクリニック院長・獣医師
木原とも子

お問い合わせ:gohan@kihara-pet.com

 

 

Copyright 2021. All rights reserved. リアルドッグ栄養セラピー